戸建てよりもマンション

戸建てよりもマンション

私は戸建てよりもマンションのほうに魅力を感じます。生まれてから18歳までは実家の戸建ての家で生まれ育ったのですが、台風が多く来る地域だったので毎年修理は大変でした。マンション住まいは18歳から35歳の今に至るまでずっとです。今は賃貸のマンションに住んでいますが、いずれ自分で購入するならやはりマンションがいいなと思っています。

 

マンションなら共益費や管理費を支払うだけで、台風がきてどこかしら修理となっても自己負担にはならないし、あとマンション自体が堅牢で台風や地震が来たときもしっかり守ってくれている気がし、怖くない。セキュリティーの問題からもだんぜんマンションがいいです。

 

よくニュースで耳にする「増加する空き家問題」などのことを考えても、これから戸建てを選ぶ人の気持ちが分からない。昔は一戸建ての家をもつことは「一国一城の主」で、男性の夢みたいなイメージでしたが、長期にわたる不景気ですし、なんだか土地とお金の無駄遣いという気がしてなりません。人の一生は短いです。

 

そのなかでもお父さん、お母さん、子供の家族で揃って暮らす年月なんてほんの十数年。子供が成人して家を出てしまったら、憧れの戸建てのマイフォームもただの幸せだった家族のシンボルとしてしか機能しなくなります。そしたら潰すか、売却するかでしょう。マンションは賃貸にすることもできるし、売却も戸建よりしやすい気がします。

 

くわえて最近私の街に次々と建てられている分譲の戸建ての物件。都内から一時間もかからないところなので、次々と建てられては売れていっています。

 

私個人の感想は土地も猫の額よりも狭くて、デザインもまちまち、まるで子供のおもちゃの家みたいに安っぽくまったく魅力を感じません。戸建てといえば庭付きで、ガーデニングが楽しめるという私の勝手なイメージがありましたが、見る限り庭尽きの物件なんてほとんどないし、ついていてもかっこつきの「庭」で狭い。一軒家ってこれは呼べるのかと完成した建物を見ながら思います。

 

古い農家の戸建てのおうちなどを見慣れているせいかもしれませんが、お金を出して無理してまで買うメリットがないなあと。